サービス開発インターンシップ 2018 夏
ピクシブ株式会社

ピクシブで学ぶ、大規模サービス開発

3000万ユーザーを超えるpixivをはじめ、ピクシブ株式会社では様々なサービスを開発しています。
サービスのメンバーとして1週間チームに参加してもらい、要件を決めるところから開発まですべてに携わっていただきます。
社員と同様に接するので厳しい意見をもらったり、実際に書いたコードを現場のエンジニアにレビューしてもらうことができます!
実際に動いているサービスの開発をしてみませんか?
9コース用意したので、エントリー時に希望コースを2つ選択してください。

pixivコース

pixivのイラストや小説作品の閲覧に関する新機能開発やUI改善を通じて、 ユーザー体験の向上を図るコースです。新機能の提案・リリースや、 サービスのコア体験に沿ったUIの設計を体験することができます。 利用者に直接触れられる箇所ですので、多くのフィードバックから成果を実感することができます。 サービス運営が好きな方や、UX/UIに興味がある方はぜひ参加してみてください。
キーワード
UX/UI, PHP, JavaScript, TypeScript, React.js, Redux, Sass

BOOTHコース

BOOTHはユーザーの作った同人誌やグッズなどを販売・購入できるネットショップサービスです。 このコースではクリエイターの制作活動をよりサポートできるよう、 Ruby on Railsで作られたBOOTHのユーザー体験を改善してもらいます。 DBやGoogle Analyticsなどのツールも活用して、実際の業務とほぼ同じようにWebサービスの開発ができます。 「自分の作った機能でユーザーの収益が◯万円上がった!」といったお金を直接扱うサービスならではの興奮が魅力です。
キーワード
Ruby, Ruby on Rails, JavaScript, Vue.js, MySQL, Google Analytics

Pawooコース

マストドンインスタンスであるPawooやPawoo Musicのサーバサイドおよびフロントエンドの開発を行います。 具体的には、新機能開発やUI改善などの直接ユーザーの目に触れる部分を開発します。 PawooやPawoo Musicを通してユーザーからの反応をダイレクトに得られるため、 自分が開発した機能が実際にユーザーに利用されているという実感をもつことができます。
キーワード
Ruby, JavaScript, Ruby on Rails, React.js, Redux

pixivコース

イラストコミュニケーションサービス「pixiv」のネイティブアプリの新機能開発やUI改善を行います。 pixivアプリは多くのユーザーに使われており、サービスの範囲も広いため、 「自分の起こしたアクションが世の中に対して直接インパクトを与えている」という強い実感が得られます。 プロダクトに責任を持ち、常にユーザーと向き合える方の応募をお待ちしています!
キーワード
Swift4, Java

pixivコミックコース

数多くの商業作品や、pixiv発の新しいマンガを発信する「pixivコミック」の ネイティブアプリの新機能開発やUI改善を行います。 「pixivコミック」は閲覧ユーザーが「マンガと出会う場」と、 投稿ユーザーが「マンガを読んでもらう場」というふたつの側面を持っています。 よりマンガを読みやすい、読まれやすい環境を最速で届けるアプリをつくるために、 一緒に企画から実装まで携わってみませんか?
キーワード
Swift4, Kotlin, Java

pixiv PAYコース

イベント対面決済アプリ「pixiv PAY」のネイティブアプリの新機能開発やUI改善を行います。 イベント時の会計で長い行列を待ったり、大量のお金を持参したりする現状に対し、 pixiv PAY を使えば、出品者の表示するQRコードを読み込むだけでスムーズかつ安全に買い物を楽しむことが出来ます。 クリエイターを支援することにモチベーションがある方や、同人誌即売会などのイベント参加経験がある方などにおすすめです。
キーワード
Swift4, Kotlin

技術基盤コース

pixivでは毎日30回以上のデプロイを行っています。 そんなpixivを支えている技術基盤チームでは日々、pixivを開発しやすくするための改善やテスト、 サービスを横断したアーキテクチャ変更、セキュリティの問題を起こしにくい仕組み作りなどに取り組んでいます。 このコースで技術基盤チームとともに一見地味だが単純ではないpixivの改善に携わってみませんか?
キーワード
PHP

機械学習コース

機械学習のさまざまな手法を駆使して、ユーザーへの新しい体験の提供やユーザー体験の改善を狙うコースです。 pixivが持っている巨大なデータを元に機械学習の知識や技術を活かすことだけでなく、 ユーザーの体験をいかによくするか考えながら開発することができます。 pixivのデータに興味がある人や、サービス改善に機械学習の側面からアプローチしたい人におすすめです。
キーワード
機械学習, データ分析, レコメンド, 画像分類, Deep Learning

3D・VRコース

3Dを使った、創作の新しい可能性をいっしょに追求しましょう。 昔はハリウッド映画ぐらいでしか扱えなかった3DCG。 今ではスマホデバイス上でリアルタイム描画できて、インタラクティブに楽しめるようになり、ますます身近になってきています。 そんな3Dを使ったコンテンツを誰でもつくれるようにしたい、想像力と表現力をすでに身に着けているpixivのクリエイター達に3Dという新しい創作に挑戦してもらいたい。 それをテクノロジーの力で一緒に実現しましょう!
キーワード
Unity, WebGL, VIVE, Oculus, VR, AR, VTuber

参加者の声

よくある説明会 + ハッカソンのような内容ではなく、 実際のソースコードに触れることができた。働くことの楽しさ、ユーザーさんにサービスを届けることの責任感や、 ピクシブさんの社内の雰囲気をこれ以上なく感じることができました。
業務にかなり近いインターンだったと思います。 他のインターンとは違い業務の中でしか学べないことや、 自分が足りない知識やスキルが沢山見えてきました。 参加して本当に良かったと思います。
開発だけではなく、毎日あった講義ではサービスづくりに対しての知識を深めることができた。 IT系で就職を考えているので、大変ためになる内容だった。もちろん開発面でも色々挑戦することができた。 本番環境に触れて開発することができたのは感動した。 短い期間の中、スピード感のある開発ができたのは、メンターさんのおかげです。

募集要項

日程 8月22日(水)~ 8月28日(火)
9月05日(水)~ 9月11日(火)
実施時間 10:00 〜 19:00
応募資格 2019年9月から2021年3月の期間に卒業・修了予定の方
(※学校種別・学部・学科・専攻不問)
募集人数 10人程度
待遇
- 報酬
期間中50,000円支給(1日10,000円)
- 交通費
通勤可能な場合は、開催期間中の往復交通費
遠方からのご参加の場合、
期間中の宿泊施設を当社負担で手配
開催会場
ピクシブ株式会社東京オフィス
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル2F
JR・地下鉄「代々木駅」徒歩7分
JR「千駄ヶ谷駅」徒歩5分
地下鉄「北参道駅」徒歩5分
選考方法
選考方法は2種類あります。どちらかを選んでエントリーしてください。
エントリー期間:5月14日(月) 12:00 ~ 6月11日(月) 17:00
通常選考
提出書類と面接で選考します。
エントリー → 書類選考 → 面接(リモート面接可)→ 合格後インターンシップ参加
GitHub選考
GitHubのアカウントのみでエントリーが可能です。
エントリー → GitHub選考 → 面接(リモート面接可)→ 合格後インターンシップ参加

エントリー

応募は 6月11日(月)17:00まで! 選考方法を選択し、エントリーしてください 応募受付は終了しました