Hirosuke

UX/UIエンジニア

Hirosuke 

どのようにしてピクシブのことを知りましたか?
また、入社を希望した理由は何ですか?

Hirosuke 入社のきっかけになったのは、とあるwebデザイン系の勉強会で、偶然ピクシブ代表の片桐と出会ったことです。片桐は当時僕がデザインを担当したプロダクトを知っていて、そこで話が弾んだんですよ。それから半年後ぐらいにピクシブに転職しました。 浪人時代や予備校時代にデッサンや平面構成の練習をやっていたせいか、画力のある漫画やイラストを見るのがすごく好きだったんです。もともとそういうタイプだったので、pixivのことはいつの間にか知っていました。まだpixivができて半年ぐらいだったかと思います。 仕事中にイラストを見ていても怒られない環境はすごく魅力的でしたし、前職では画像を多く扱うプロダクトを担当していたので、これはpixivでも生かせると思いました。なによりもpixivはすごく将来性を感じるプロダクトだったので、もうここしかないという感じでしたね。

miyamoto

実際に入社してみて、ピクシブとはどんな会社だと感じていますか?入社前の印象と変わったところはありますか?

Hirosuke 僕が入社した時はまだ10人ぐらいだったので、前職と比べて社屋は狭いし、蚊はすごい出るし、サーバーが基板むき出しな状態で東急ハンズで買える家庭用ラックに乗っているわで、僕が想像していたベンチャー会社のイメージを圧倒的に凌駕するものだったのでとても驚きました(笑)。 僕が入る前は片桐がUI設計やデザイン業務をやっていたのですが、それがすべて僕の担当になったので、いろいろとやらせてもらえて大変良い経験になりました。

現在の仕事内容を詳しくご説明ください。

Hirosuke ピクシブにはpixiv本体とpixiv周辺の他サイト(国際版pixivやピクシブ百科事典等)のUI設計を担当するUIチームがありまして、僕はそのチームリーダーをやらせてもらっています。具体的な業務内容としては、主にpixiv本体のUIデザイン全般を担当していて、pixiv本体の新機能の提案、それに伴う画面遷移の設計やインターフェイスの絵作りの他、現状のUIが抱える問題点の発見、分析、改善といったところです。

どのような点、どのような時に仕事の醍醐味を感じますか?

Hirosuke UI設計の場合、設計の過程一つ一つがすごく重要です。簡単に説明すると、まずユーザーの行動や考えを想像して何故こうなのか、こうあるべきなのではないかという仮説を立てます。その仮説を元にモックを作成し、本番環境で実現するべく社内のリソースを割いてもらい、数値による仮説検証ができる場合はしっかりその環境を整え、実装します。実装後は数値の推移やユーザーの反応を観察、分析、検証し、実際に何が起こったのかを判断して、次の仮説に繋げます。この過程をPDCAサイクルというのですが、どの過程も非常に重要です。なので、それぞれの過程でチーム内及び、pixivスタッフで議論を重ねます。意見が合ったり合わなかったりして、嬉しい事も悲しい事もありますが、pixivスタッフは人間的に魅力的な人たちばかりなので、そういう仲間と一緒にこの過程を一つ一つこなしていくのはすごく楽しく、やりがいを感じます。業務の全てが醍醐味ですね。

これまでの仕事で、一番嬉しかったことは何ですか?

Hirosuke pixivのメンテナンス画面で、チョビの首が異様に縦に伸びていくというのを半分おふざけでつくったのですが、あれが予想外に盛り上がった事ですね。それをきっかけに、pixivのメンテナンス時には何かしらのネタを披露する場になったのですが、そういう流れをつくることができたのは今でも嬉しいです。もちろん施策がきちんと結果を出した時は、なんでも嬉しいですよ。例えば、ログイン前のpixivのデザインを大きく変更したのですが、その時は新規登録数が大幅に向上することになった。仮説の正しさが証明された時はやはり嬉しいですね。

「辛かった、大変だった」仕事、または「大きな声ではいえない失敗エピソード」を教えて下さい。また、そこからどのようなことを学びましたか?

miyamoto

Hirosuke この仕事をしていて一番辛いのは、実はユーザーの方からの反応です。UIに対するユーザーの反応は分かりやすくて、良いUIだと自然に使えているという事で反応が少なく、逆に良くないUIだとユーザーの思ったように使えない為、脊髄反射的な反応が大量にきてしまいます。中には内容が辛辣なのに建設的な意見もなかったりして、そうなるとUIデザイナーは困ってしまいます。良かれと思ってやったはずなのにな……となり、何をやるにも疑心暗鬼になって及び腰になってしまい、悪循環に陥ります。この状況は辛いですね。けれど、僕も使いにくい物には脊髄反射してしまうし、UIに対する反応ってそういう物なのだと理解はできています。
しかし、この状況はPDCAサイクルを意識する事で打開できました。仮説→実行→検証→結果をしっかり意識すると、何をやるにもちゃんと検証作業を行うようになります。ユーザーの反応だけでなく、実際の数値の変化に目を向けて多角的に分析する。そうすると、色々と見えていなかった事が見えてきて、その結果を次の仮説に生かして改善に繋げるようになるので、失敗することが怖くなくなる。これは何をやるにも応用できるので、非常に勉強になりました。

仕事をする上で最も大切なことは何ですか?また、心がけていることは何ですか?

Hirosuke いろいろあると思いますが、一番は楽しんで仕事をしているかどうか。仕事なんて楽しい方が良いに決まっています。そして何でもそうですが、楽しめない時は大抵自分の考え方に固執している時です。なので、考え方を変えたり、環境を整えたりして、何でも楽しめる状況に自分を持っていくことがすごく大事だと思います。なかなか難しいんですけどね(笑)。

いま一番の目標(あるいは課題)と、仕事上での夢を教えて下さい。

Hirosuke 最近は小説もやっているのでお絵描きだけではないですが、pixivは「お絵かきがもっと楽しくなる場所」を目指しています。僕はこれを「描く人も見る人も、イラストと関係を持つすべての人が幸せになれる場所」と解釈してます。考えていくと完全にpixivの範疇を超えてしまうのですが、そんなユートピアを実現したい。

就職活動中の学生、ピクシブを志望する学生にメッセージをお願いします。

Hirosuke 僕はまともに就職活動をした事がないので、あまり大きな声では言えませんが、結局一緒に働く人と一緒に仕事を楽しめるかが一番大事だと思います。逆の立場で考えて、自分はどういう人となら仕事を楽しめるのかを想像してみて欲しいです。どうしたら良いのか、おのずと見えてくると思います。

休日はどのように過ごしていますか? 趣味は何ですか?

miyamoto

Hirosuke 趣味はゲームなんですが、最近はもっぱら子育てをしています。子供は良いですよ、おもしろいです。『よつばと』って漫画がありますよね。うちの娘がその漫画の主人公のよつばに似た反応をするので、楽しくてしょうがないです。

プライベートでの今後の目標や夢を教えて下さい。

Hirosuke 月並みですが、父親の自覚を持つようになってきたので、子供が無事に育つ事が何より大事です。しかしお金が大変なので(笑)、プライベートで何かしら金策を打ちたいですね! しょうもないアプリとかつくりたいです。

Hirosuke 編

8:00 起床 雨の日は辛いです。起きるのが。子供が「おきるのじかん!おきるのじかん!ダーメー!」と起こしに来るのがたまらんです。
8:30 子供を保育園へ 自転車で送り迎えしているので、雨の日が辛いです。
10:00 出社 メールチェックと1日のスケジュールとタスクを確認してコーヒーを飲む
11:00 朝会 pixivチームにて前日のタスクと今日のタスクを共有
11:15 始業 昼飯までネット業界の動向をチェック&情報収集
13:30 昼飯 1人で食べたり、同僚と行ったり色々です。ラーメンは週2回を厳守してます。
14:30 UI分析 Google Analyticsと睨めっこ。仮説検証を行います。
15:30 UI議論 UIチームの人間と議論。皆粒ぞろいで意見が合うのでやりやすい。
16:30 デザイン&モック作成 Photoshopでデザインする事もあれば、マークアップから入って触れるものをいきなり作ってしまう事もあります。
20:00 退社 妻が子育て大変なので、早めに帰れる時は帰ります。
21:00 子供を風呂に入れて寝かしつけ 8時に退社できた時は、風呂や寝かしつけをやります。
22:00 アニメやゲーム 妻が起きていたら夫婦の時間です。コミュニケーション大事。
1:00 就寝 漫画を読みながら寝ます。寝付きやすい漫画があるのです。

社員紹介一覧へもどる

TOPへ